MENU

XサーバーとwpX Speed 違いは?初心者向きサーバーの選び方を解説

この記事では、ブログ初心者の方が押さえておくべき

XサーバーとwpX Speedの違い

を利用者目線で分かりやすくお伝えしていきます。

私は複数のブログを運営しており、今までに

・エックスサーバー
・wpX クラウド(※現在はサービス終了)
・wpX Speed

の3つのサーバーを利用してきました。

私は初心者時代はエックスサーバーから始めて、途中からはwpX クラウドを使うようになり、さらにwpX Speed へサーバー移転も行いました。

今回は、利用者目線で「サーバー選び」のポイントをお伝えしていきます。

目次

エックスサーバーとwpX Speed どちらがオススメか

個人的には、もし初心者でブログを始めるならエックスサーバーで良いんじゃないかと思います。

以下にポイントを書いておきます。

エックスサーバー向きの人

エックスサーバー向きの人はズバリ「初心者かつ独学でも安心してブログを始めたい人」です。

・ブログ初心者の人
・又はブログ運営に詳しい人が近くにいない人
・どんなブログを作るか方向性がまだ曖昧な人
・とりあえず、独学ですぐに始めたい人

エックスサーバーとwpX Speed は

どちらも株式会社エックスサーバーが運営しているサーバーサービスです。

会社が同じであり、かつ、日本最大手のサーバー会社なので

エックスサーバーであれwpX Speed であれ、手厚いサポートが受けられます。

電話サポート:平日10:00~18:00
メールサポート:24時間365日

サポートが手厚いという点ではほぼ同じです。

ただ、エックスサーバーは日本国内でも圧倒的なシェアがあり、利用者も多いので

エックスサーバー利用者が書いた記事も沢山ネットで公開されています。

エックスサーバーの場合は、困ったときにネットで検索すれば、初心者でもすぐ解決できることが多い(つまり初心者でも独学で始めやすい)といえます

一方、wpX Speed はまだ比較的新しいサービスで、エックスサーバーに比べると利用者が少ないので

wpX Speed の場合は、困ったときにネット検索しても、初心者目線で書かれた記事が少ない(つまり初心者で独学で始める人には不向き)といえます

私も、ブログ初心者の頃は、最初にエックスサーバーから始めました。

そして、ブログをやりながら、ブログ操作やネット特有のカタカナ文字にも慣れていき、より大きなスペック(機能)を求めてwpX Speed へ移行しています。

ブログ初心者でかつ独学の場合はエックスサーバーがオススメです。

エックスサーバーのお申し込みはこちらをクリックして公式サイトへ。

最近エックスサーバーではWordPressクイックスタートというプランが提供されており、WordPress立ち上げ作業がかなりシンプルになっています。初心者でも簡単に5分程度の作業でWordPressブログを立ち上げられるのも魅力です。

wpX Speed 向きの人

wpX Speed 向きの人とはズバリ「サーバーダウンのリスクを回避したい人」です。

主に大企業向きだと思いますが、個人であってもこんな人に向いています。

・自分のブログで突発的なアクセス集中が想定される人
・月間100万pv以上のアクセスのあるサイトを運営している人

もし「アクセスを集めることに特化したブログを作る」と決めている場合は、最初からwpX Speed にしておくほうがいいでしょう。

エックスサーバーとwpX Speed の最大の違いは

wpX Speed はWordPress専用に特化したサーバーである

という点がよく言われますが、それ以上に重要なのが

wpX Speed は突発的なアクセスの集中負荷に耐えられるオートスケール機能がある

という点です。

アクセスを集めることに特化した雑記ブログ(トレンドブログともいいます)を運営する場合、そのブログでは瞬間的に爆発的なアクセスが集まることがよくあります。

たとえば、私が運営している雑記ブログでは、一瞬で1000人〜1万人以上が自分のブログにアクセスすることもあります

このような突発的なアクセスが集まると、場合によってはサーバーダウンを起こし自分のサイトにアクセスしてもエラーページ(404エラー)になってしまうことがあります。

その点、wpX Speedでは「オートスケール機能」というサービスがあり、アクセスが急増して負荷に耐え切れなくなった時、自動的に上位プランへ切り替えることができます。

そのため「アクセスを集めることに特化したブログ」を作ると決めており、収益を失う機会損失を回避したい場合は、最初からwpX Speed にしておくのもアリです。

wpX Speedのお申し込みはこちらをクリックして公式サイトへ。

wpX Speedは

・突発的なアクセス集中が想定されるサイト
・月間100万pv以上のアクセスを毎月集めるようなサイト

にオススメです。

とはいえ、エックスサーバーでも転送量のスペックはかなり高いので、エックスサーバーから始めて、必要に応じてサーバー移転する、という選択でもいいと思います。

XサーバーとwpX Speed の値段の違い

まずエックスサーバーとwpX Speedの値段の違いは大きく3つあります。

・初期費用の有無
・月額料金の違い
・無料お試し期間の有無

初心者の方がこれからブログを立ち上げる場合であれば、一番料金の低い最下位プランで十分なので

最下位プランでエックスサーバーとwpX Speedを比較してみましょう。

エックスサーバーwpX Speed
最下位プランX10プランW1プラン
初期費用3,300円0円
月額料金1,056円(月額固定)1,320円(2円/1時間)
月額料金の割引年払い割引でお得になるなし
無料お試し期間ありなし

月額料金はエックスサーバーのほうがwpX Speedに比べるとお安めですが、エックスサーバーは初期費用がかかるのでスタートアップのコストは高いです。

ただ、エックスサーバーX10プランでは、最初に初期費用の3,300円がかかる代わりに

最初に月額料金の支払い方法を年払いにすれば割引(ディスカウント)を受けられます。

・12ヶ月払い選択で、月額料金が4,488円ほどお得に
・24ヶ月払い選択で、月額料金が10,824円ほどお得に
(※2021年9月1日時点の情報です)

エックスサーバーX10プランは

・短期的にみるとお金がかかる
・長い目で見ると、月額料金が安い
・支払い方法次第で割引(ディスカウント)もあり、初期費用の元もとれる

というところが、特徴になってきます。

一方、wpX Speed は、厳密には時間単位で課金される制度(1時間あたり2円)になっています。

1ヶ月を30日とすると月額料金は計算上 2円☓24時間☓30日=1,440円 となりますが、そこは月額最大1,320円で固定と決められています。

これはつまり

・月の途中から加入すると実質的に日割り計算(厳密には時間割り計算)で課金してくれる
・加入の翌月から最大1,320円固定で課金される

ということになります。

例)7/31午前0:00に加入すると7月の料金は48円、8月からは月額料金1,320円固定となる

さらにwpX Speed は、初期費用はかかりません。

そのためwpX Speedは

・短期的にみると、安く始められる
長い目で見るとエックスサーバーに比べ、やや割高になる

という特徴があります。

エックスサーバーのお申し込みはこちらから

wpX Speed のお申し込みはこちらから

まとめ

この記事では、

XサーバーとwpX Speedの違い

を解説していきました。

個人で今からブログを始める人は、エックスサーバーで良いと思います。

ただ、「アクセスを集めることに特化したサイト」を作ると決めているのであれば、wpX Speedもオススメです。

ぜひ参考にしてくださいね。

メルマガ配信中!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アナログ文系サラリーマンを経てブロガーへ転身

「PC1台でゼロから自立する力を」

をモットーに活動しています

目次
閉じる